夜景が見えるからっていいわけじゃない。

夜景が見える個室居酒屋って一見して、最高のロケーションだと思ってしまいますよね。
都心の高層ビルが夜景のレストランは人気ですし、個室居酒屋は今大人気。
夜景と個室との組み合わせであれば、もう言うことなし。
とは、なかなかいかないようです。

 

というのも、個室は閉鎖的な空間です。
他のお客さんの視線も感じませんし、店員さんも滅多に来ることがありません。
その分、自分の本性が出やすい。
本性といってしまってはアレですが、
つまり理性が外れやすくなっている状態になりやすいのです。

 

そこにきて夜景です。
一瞬、最高の状況かと思いきやそうではありません。
外が暗く、部屋の中が明るいということは、反射したガラスに自分たちの姿が映し出されるということ。
せっかく選んだ個室居酒屋でお酒も入り、
程よい高揚感で最高の雰囲気になったのに、
ガラスに写った自分が目に入ることで一気に現実に引き戻されてしまうのですね。

 

そうなるとロマンチックな雰囲気もあったものじゃありません。
だからこそ、夜景と個室の組み合わせは二人の関係によっては決して最高の組み合わせではないのです。
といっても、ここが人間の感情の難しいところ。
逆に、そういったシチュエーションが好まれる場合もあるのですから不思議。
そこは、誘う人の好みを考えて判断するのが間違いないとは思うのですが、
特別夜景好きとかじゃなければ、夜景と個室の組み合わせは避けるほうが無難だといえるでしょう。
個室じゃなくても、夜景の見えるレストランで窓際のテーブルもほぼ同じことが言えるので注意したいですね。
個室あり!渋谷で人気のイタリアン居酒屋