デートを演出するカクテル

日本の男性は、イタリアの男性のように気軽に女性を褒める事が出来ません。
口下手な男性も少なくないですよね。
そんな男性でも、雰囲気のいいバーで、カクテル言葉を使って、意中の女性を口説いてみてはどうでしょうか?

 

カクテル言葉とは、花言葉のように、カクテル1つ1つに、言葉の意味があるのです。
例えば、「アイオープナー」は、ラム酒と卵黄のカクテルで、甘めのリキュールでシェイクしたカクテルです。
運命の出会いという意味があります。

 

「スクリュードライバー」は、ウォッカとオレンジジュースのカクテルです。
居酒屋のメニューにもあるぐらい、メジャーなカクテルの1つです。
カクテル言葉は、『貴方に心を奪われた』です。
そのカクテル言葉から、女性を口説く時に多用されるカクテルで、レディーキラーなんて別名がついています。

 

逆に、女性から男性に向けてのアピールとなるお酒が、「シェリー」です。
厳密にはカクテルではなく、シェリー酒という白ワインなのですが、カクテル言葉があり、今夜はあなたに全てを捧げます。
という意味があるので、デート中にカクテル言葉の意味を知らずに、注文してしまうと大変危険です。

 

男性は、勝手に今夜はOKと女性に承諾されたと勘違いし、酔っぱらった女性をそのままホテルへ連れ込んでしまうかもしれません。
ちなみに女性が好きで、よく注文している「カンパリオレンジ」のカクテル言葉は、初恋です。

 

お酒の好きな男性なら、雑学でカクテル言葉を知っている人も多いかもしれません。
ですが、問題は、アプローチしている女性は、お酒に詳しくなく、カクテル言葉を全く知らない可能性が高いという点にあります。
デートにおすすめなお店は渋谷 チーズ|f (エフ) 渋谷店です。