グラスにまつわるマナー

イタリアン居酒屋はリーズナブルで使いやすいお店もあれば、
デートに使えそうな落ち着いた雰囲気のお店もあったりと、各店で独自の個性を見せています。
デートでイタリアン居酒屋を使う場合は、雰囲気もデートにふさわしい店舗を選びたいところですが、
そうした店舗ではきちんとマナーにしたがってワインを飲めるようにすると、
教養を持った人に見せることが出来ますし、職場での会席や商談などでも、
基礎的でもテーブルマナーを把握しておくと、相手に失礼を働く心配もなくなります。

 

ワインに関するマナーは色々ありますが、グラスにまつわるマナーは非常に多く存在します。
例えばグラスの持ち方についてですが、指にグラスの脚を挟んで、
グラスのふくらみを包み込むような持ち方はブランデーグラスの持ち方で、
ワイングラスの場合はグラスを温めないようにワインの脚を持つのが常識とされています。
ただし海外ではグラスのふくらみ部分を持つのがマナーだそうです。
また女性の場合はグラスに口紅がついてしまうことが多いので、
その際は指でこっそり口紅をぬぐい、指についた口紅はナプキンの内側で拭きましょう。

 

イタリアン居酒屋では自分でワインを注ぐことが多いですが、
レストランではウェイターがワインを注ぐことが多いです。
ワインを注いでもらう際は、グラスを持ってしまうとマナー違反になるので、
グラスには手に触れずに置いてください。
またワインが減るたびに継ぎ足してくれるので、
もう飲めないときはウェイターが近づいてきたときに軽く指をグラスの上に添えてください。
それがもういらないというサインの代わりとなります。

 

http://b-65536.com/